記憶(行き場のない気持ち)

A place to store the feelings as a gay.

自己発見の跡① ー 中高校生時代

最近研究が忙しいので、なかなか更新できませんでした。今回、僕は「同性が好き」という気持ちの発見と発展の経過を共有します。
中高校生時代、大学生時代、大学院生時代3つ分けて更新します。


いつから自分は同性が好きなっているか、
その確実の時点は自分もはっきり覚えていません。
まるで「好き」という感覚がいつか分かるように聞かされています。

小さいから、僕は人との感情を大事にする人間です。
内向的な性格であるかもしれないので、人と狭く深く付き合っています。
幸い、中高生時代に、とても親しい先生や友達が何人いました。

このような環境で、友情や家族愛などわかりますが 「恋」ということはあまりわかりませんでした。
しかし、その時、時々かっこいい人と出会えると、
この人と友達となりたい気持ちを強く感じました。

 特別な親友?

振り返り見ると、中高校生の時、友達の中で
二人(中学生時代:Y君、高校生時代:L君)に対して、特別な気持ちを持っていました。

どうな気持ちというと、
毎日「この人と会いたい、話したい」のような気持ちです。

会話できる時、とても嬉しく感じました。
困る時に優しく助けてくれると時、さらに感動しました。
「このような兄がいれば、いいなあ。。」ような考えは時々がありました。

僕は独り子なので、
普通な友達に超えた関係に対して、「もしかしたら、兄がほしいだけだ」と思いました。

高校の時、ほかの親友二人がいましたが、
Y君やL君と一緒にいる時の気持ちと違うと思います

やはりY君やL君に対する気持ちが特別でした。でもその時気づいていなかったです。

 末

中高校の生活は主に受験のため、勉強の中心に毎日忙しいだったです。
また、課外活動も充実し、親友も何人もいるので、
Y君やL君に対する特別気持ちがあっても
特に深く考えませんでした。
その後、大学進学し、地元から離れて、 新しい生活はじめました。

 最後

中高校は進学校のため、クラスの中で恋愛する人がほとんどいなかったので、
「恋」、どんなものか、僕もまたっく分からなかったです。

最近、「やる気あり美」*1井上涼さんの動画作品「確信」を観って、
少し中高校生時代の自分のことを思い出しました。


[恋する10代LGBTへ]『確信』 井上涼:やる気あり美

動画の主人公は既に自分がゲイや恋のことを知ています。
僕はその時に知らなかったですが、
Y君やL君と一緒にいる時、
「その目」、「その手」、「その言葉」で
確かその時の僕もドキドキでした。

それは恋だったか、
今思い出すと、少し笑った:)

*1:あるLGBTの団体