記憶(行き場のない気持ち)

A place to store the feelings as a gay.

ゲイであること①

私がゲイである事実に気づいた後、気持ちの整理の過程です。変な日本語ですが、ご理解いただければ嬉しいです。

ゲイに対する認識

大学1年の時、自分はゲイではないかという気がしました。

最初、すごく悩んでいました。だけど、悩んでも学生である生活が変わらないと思っていました*1

その後、1週間ほどに気持ちを整理しました。

その時の結論としては、同性が好きか異性が好きか、あくまで自分自身の1つ特徴です。

僕の人生はこれだけではありません、人生ほかの面はこれと強く関連するのもありません。

ゲイであることは恋愛、愛情だけの特徴だと思います。

例えば、金髪碧眼が好きな異性愛者と同じだと思います。 ゲイは、ただ男性が好きになるだけです。

この傾向があっても、勉強、仕事、趣味、能力などは実際それほど変わらないんです。

逆に言うと、異性愛者であれば、 異性愛者だからこそ、

  • 難関大学に入るのは当然?
  • 学部時代で彼女ができるのは当然?
  • いい仕事を見つけるのは当然?
  • 優秀な能力を持つのは当然?
  • 興味、性格と関係なく、異性愛者同士であれば、ぜったい友達になれるのは当然?

ゲイであるかどうかに関わらず、目標を追いかけるために誰でも努力はするべきだと思います。

ゲイだろかストレートだろか、恋愛は人生のほんの一部です! ほかの部分は、ゲイを問わず、皆さんは同じだと思います。

どうすればいいですか?

若いうちに、ゲイは何をすべきか?

この問題は、ほかの恋愛していない異性愛者に尋ねることと一緒だと思います。

例えば、将来のために頑張ることか、旅行などで人生の視野を広けることか、大好きな人と真剣に恋愛することか、

但し、現時点の社会で、ゲイの将来の人生は決して楽観的ではないでしょう。

どうせ将来は見えないので、若い時に存分を楽しめる人は少なくないと思いますが、

逆に、いい将来を見えるため、若い時にもっと頑張る必要です*2

最後に

ゲイはただ男性が好きるだけです。そして、恋愛は人生のほんの一部です。 ゲイとして生きていく前に、少なくても人間として成長して行くのは大事だと思います。

LGBT+に対して、これから社会はだんだん良くなると思います。 なので、今はその時の幸せな生活の基礎を作るのは一番やるべきことでしょう!

また、人生が様々です。どんな人生を送るかはその人の自由です。

でも、ゲイである身分で自分を縛らず、自分が送りたい人生を送ってください!

*1:どんな感じと言うと、例えば、異性愛者であれば、突然、長い髪の女性が好きなりました。ただ好きな人のタイプをわかっただけで、生活は変わらないでしょう。

*2:何を頑張る必要ですか?私もまだわかりませんが、豊富な専門知識、強い経済能力、広い視野・ネットワーク、尊敬される人格などがあれば、自分が好きな人生を得るチャンスが高いだと思います